2

触媒のすべて

2

ほろ酔いでまじ酔いしちゃうの先輩はとってもかわいくて、甘い匂いがするものだから、僕はむせて、思い出す。 電子機器から続くコードは、僕の身体をいつも掬い上げてくれた。退屈はいつも素敵な暇潰しを探させる。この街には何もない。あとちょっと我慢すれ…

明日の朝までは

2

本当は自分のこと屑なんて思っていなくて、常に私は天才だからという気持ちのオブラートで自分を包んでいる。なんか文句あんのか。 おくすり飲めたね(いちご味)を買わなくてもいいように育ったよ。目的を吐き出すこともしない。 実際、失うもの8 得るもの2 …