触媒のすべて

ほろ酔いでまじ酔いしちゃうの先輩は
とってもかわいくて、甘い匂いがするものだから、僕はむせて、思い出す。

 

電子機器から続くコードは、僕の身体をいつも掬い上げてくれた。
退屈はいつも素敵な暇潰しを探させる。この街には何もない。
あとちょっと我慢すればいいじゃんなんて、的を得てないことを言うので、僕も「おいしそうなショートケーキですね」と空白の手を見て言ってやったら、精神科に連れていかれた。


君の14歳は本当に美しかったのか?
よく考えてみろ
前の席の女の子が好きでしたが、その子はクラスの不良にレイプされて、自殺してしまいました。
いじめていたあいつは、いつの間にか転校していましたが、転校先でもいじめられているという噂です。
仲は良かったのですが、腫れぼったい瞼のせいで目がとても小さく、棒のような細い足をしたあの子のことは、結局よく知らず、卒業してから一度コンビニの前で見かけましたが、不自然な二重瞼になっていました。
同じロックバンドが好きで仲良くなったあの子は、突然私のこと他の子に悪く言い始めたので、嫌われてしまったようでした。結局それから卒業まで一言も話しませんでした。今度その好きだったロックバンドが、車で行ける距離のライブハウスに来ますが、その子と会ってしまわないか不安で、チケットは取りませんでした。その子もおんなじことを考えてくれていたらいいなぁと、私のことを考えてくれていたらいいなぁと思います。

 


僕は人を殺したことがあります。

 

 


まだ若いんだから何でもできるよ!
卒業なんてすぐすぐだから!
青春だね~~